グルコサミンの効果や副作用。

グルコサミンとは、副作用が少なく、関節の健康を維持する効果に期待されている成分です。
世田谷育ちのCMでもお馴染みの成分で、DHC・アサヒ・大正製薬・オリヒロ・富士フィルムなど多くのメーカーから販売されています。
グルコサミン&コンドロイチンとして摂取すると、より効果に期待できる為、各社のサプリメントを比較してご自身にあったものを上手に選びましょう。

話題のグルコサミンとは。

近年のサプリメントブームの中でも、特に最近、テレビCMや新聞の広告などで、グルコサミンという言葉を見ない日は殆どないほどの状況にある大人気の栄養素です。

人気を支える秘密は、現代人の多くが悩む膝などの関節の痛みから解放する効果に期待されている事です。

実際、これまでにグルコサミン&コンドロイチンの摂取によって、多くの方が変形性膝関節症から回復したとの臨床結果があります。

しかし、これほど重要な成分でありながら、食品からの摂取は難いため、しっかりと不足を補うには、サプリメント等を利用する必要があります。

下記より、グルコサミンの効果等を詳しく解説していますので、ぜひご覧下さい。

※当サイトは、【グルコサミンの効果】サイト内のデータを一部引用しております。

関節とグルコサミンの関係。

なぜこれほどグルコサミンが必要とされるのか。
それは、関節をスムーズに動かす為に欠かせない成分だからです。

関節と関節の間には軟骨があり、曲げたり伸ばしたりする動作を円滑に行うためのクッションの役割を担っています。

グルコサミンは、軟骨に弾力性と柔軟性を与える「プロテオグリカン」と呼ばれる成分の主材料となっています。

また、グルコサミンには、軟骨細胞に働きかけ、新たな「プロテオグリカン」の生成を促進させる作用もありますので、健全な軟骨生成に欠かせません。

私たちを含む動物には、体内でグルコサミンを生成する能力が備わっています。
しかし、加齢や肥満、運動不足などの要因によって、グルコサミン生成能力が衰えると、軟骨の新陳代謝が低下して、関節に障害を起こすようになってしまいます。

グルコサミンの効果効能についてはこちらをご覧下さい。

グルコサミンの副作用とは。

サプリメントを摂取する前に、確認しておきたいことに副作用の有無があります。

グルコサミンは、元々体内で合成されるため安全性が高く、重大な副作用は現在のところ報告はされていません。
(イタリアで行なわれた動物実験では、インドメタシン等の非ステロイド系抗炎症薬に比べて、1000倍以上安全であることが確かめられています。)

摂取する際の注意点としては、グルコサミンがアミノ糖の1種である為に、血糖値に変化を及ぼす場合がありますので、糖尿病の方などは注意が必要です。

グルコサミンの副作用などの注意点についてはこちらをご覧下さい。

ところでグルコサミンとは。

糖とアミノ酸が結合した天然アミノ糖の1種で、カニやエビなどの甲殻類の外皮を形成するキチン質に含まれている成分です。

グルコサミンは、私たちの体内では軟骨や靱帯、心臓弁などに存在しています。
また、軟骨細胞を形成する基礎となる成分で、関節部における細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。

CMでも大人気のグルコサミンは、現在ではDHCや大正製薬、オリヒロや富士フィルムなど多くのメーカーから販売されていますので、各社のサプリメントを比較して自分に合ったものを上手にお選び下さい。

注意事項!

・サイト内のグルコサミンの効果や効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ず信頼できる文献を再確認の上でご利用ください。

又、栄養素としてのグルコサミンの記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

リンク集

サプリメントの効果や副作用に戻る。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2011 【グルコサミンの効果や副作用】 All Rights Reserved.