ポリフェノールとはレスベラトロールなどの総称。

ポリフェノールとは、生活習慣病を予防する優れた効果を持つ植物成分の総称であり、レスベラトロールの他に、カテキンやアントシアニンなどがあります。多く含む食品としては、ぶどうやリンゴ、カカオやカシスなどがありますが、食品によって含まれるポリフェノールの種類と量が異なります。
こちらでは、代表的な効果の他に、種類や多く含む食品などの紹介をしています。

ポリフェノールとは?

フレンチ・パラドックスによって赤ワインに含まれることが発見されて以後、脳梗塞や動脈硬化予防、優れた抗酸化作用を持つとして一躍有名となった成分です。

実は殆どの植物に含まれており、苦味や渋味を作り出す一方で、植物細胞の生成や活性化などを助ける働きを持っているものの正体がポリフェノールなのです。
(※植物によって、含有されている量や種類は異なります。)

当サイトで紹介しているレスベラトロールもこのポリフェノールの1種で、他にカテキンやアントシアニン、イソフラボンやルチンなどが知られています。

ポリフェノールを含む食品とは。

ポリフェノールを多く含む物の特長としては、苦味や渋味が強いものや、その植物の色が濃いものが挙げられます。
また、その中でも表皮や種子に多く含まれています。

一般的な食品としては、赤ワインや緑茶、ゴマや大豆、ブルーベリーやカシス、りんごやぶどう、カカオや玉葱(たまねぎ)などが知られています。

日本人が最も多くポリフェノールを摂取している飲料としては、実は緑茶ではなく、コーヒー(カカオ含有)だという調査報告があります。

代表的な効果を紹介。

上記で記載しているとおり、ポリフェノールは食品によって含有量や種類が異なりますので、一概には言えませんが、代表的な効果としては下記のとおりです。

脳梗塞や動脈硬化などの予防

優れた抗酸化作用(アンチエイジング)

血中のコレステロールの抑制

殺菌・抗菌作用

脂質代謝の改善

注意事項!

・本サイトのご利用は【レスベラトロールの効果や副作用】にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2011 【レスベラトロールの効果や副作用】 All Rights Reserved.