サーチュイン遺伝子の活性化による効果とは。

レスベラトロールの摂取によって、長寿遺伝子が活性化するとどのような効果を得ることができるようでしょう。
こちらでは、長寿遺伝子サーチュインの解説や、レスベラトロールでの活性化効果、それによって起こるメカニズムなどについて紹介しています。

サーチュイン遺伝子とは。

「抗老化遺伝子」とも呼ばれるサーチュイン遺伝子は、細胞の死滅を防ぐことで老化を遅らせて、長寿延命に作用する長寿遺伝子です。

実は長寿遺伝子とは、私たちをを含めた生物であれば、誰もが持っているのですが、普通に生活していても、休眠状態で作用することがありません。

そこで、逆に休眠状態の長寿遺伝子サーチュインを活性化させる事が出来れば、長寿延命を実現する事が可能と考えられるようになったのです。

活性化の方法とは。

これまでに知られていたサーチュイン遺伝子の活性化させる為の方法とは、飢餓やカロリー制限時のみでした。

飢餓においてはもちろん、カロリー制限についても通常の約25%程度の制限を必要となり、健全な生活習慣の中では活性化させることが出来ません。
また、無理なカロリー制限は、逆にビタミンやミネラルの欠乏症を招くリスクが高い為、日常の生活中では活性化出来ないと考えられていたのです。

そこに、救世主的な存在として登場したのが『レスベラトロール』でした。

近年の研究によって、レスベラトロールを摂取することで、サーチュイン遺伝子を活性化させる働きが判明して、非常に注目を集めています。

活性化による効果とは。

長寿遺伝子サーチュインが活性化すると、遺伝子の発現が抑制される為にDNAが休眠状態に入ることになります。

休眠状態になり活動が抑制されると、DNAは安定化して結果的にDNAの損傷防止に繋がり、そしてこのDNAの損傷防止が長寿へと繋がるのです。

レスベラトロールの効果は、既にマウスによる実験では、老化をコントロール出来ている事が判明していますが、最近では「猿をつかった老化実験」においてもレスベラトロールの効果が紹介されています。

また、レスベラトロールはサーチュイン遺伝子を活性化させるだけでなく、老化のもう1つの大きな原因と考えられている過剰な活性酸素を強力に抑制する作用も持っています。

その為、最近では『最強のアンチエイジング成分』と称されることもあり、サプリメントが高い人気となっています。

注意事項!

・本サイトのご利用は【レスベラトロールの効果や副作用】にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2011 【レスベラトロールの効果や副作用】 All Rights Reserved.